2012年10月23日

レスリー・メイヤーのミステリーを読んでみた

ジル・チャーチルのミステリーが好きなので、同じアメリカ舞台の主婦探偵ものと聞いてレスリー・メイヤーのものを何冊か読んでみた。
(『メールオーダーはできません』『史上最悪のクリスマスクッキー交換会』『バレンタインは雪あそび』)

アメリカのメイン州に住む主婦ルーシーが主人公。
メイン州はアメリカ右上角、東海岸のカナダと国境を接するところにあって、とにかく冬は寒い…らしい。

クリスマスのクッキー交換会だったりヴァレンタインの過ごし方だったりといった、日本にはない異国の習慣の部分は面白く読めた。
嫌な奴が犯人というあたりも、好み。

だけど、主人公のルーシーが好きになれなくて、読んでいてイライラする。
週刊新聞の臨時記者として記事を頼まれていて、前もって設定された締め切りについて何度も念押しもされているのに、平気で前日に子供とそり遊び(その場の思い付きで)。結局「体が痛いのよ」で締め切りには間に合わせず。

1男3女の母でもあるルーシー。娘の一人エリザベスはティーンエイジャーらしくダイエットに気を付けているのだけど、朝食としてイングリッシュマフィン半分しか食べない娘に対する対応が酷い。

エリザベスは太るのを極度に恐れていて、もっと食べるようにと言うと、頑強に抵抗するだけだった。
これまでルーシーは、娘が毎日食べる量に気を付けていて、それが極端に落ちると、食べるようにとうながすのではなく、エリザベスが好きな料理を作るという方法を取っていた。
それでもだめなときには秘策があった。
エリザベスは外国製のチョコレートと、脂肪とカロリーたっぷりのヘイゼルナッツ・スプレッドに目がないのだ。

『バレンタインは雪あそび』創元推理文庫 P288


ビタミンは? 食物繊維は?
ダイエットしてる娘にチョコレートやヘイゼルナッツ・スプレッドなんて、ありえない。
母親と、母親が準備する食卓に対する信頼を、さらに失わせるでしょうに。
好物で誘惑して挫折させて解決してきたなんて、その場しのぎにも程があるというか乱暴というか。
悪意さえ感じる。

一つ気になると、すべてが気になる。
お金がないと言いながら浪費してるところとか、キレてはいけないところで癇癪を爆発させるところとか。
その場の思い付きで子供用に猫3匹飼っちゃうところとか。

書き連ねてたら、ますます腹立たしくなってきた。
posted by leaves at 19:34| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

紅葉狩り

今日は栗駒山荘へ紅葉狩りへ。
朝はあいにくの雨だったけど、気にせず8時出発。
途中道の駅で休憩を取りつつ、10時半ごろ到着。

高速代1000円ってまだやってたのね、ラッキー。

駐車場はそこそこ埋まってましたが、止めるのに苦労するというほどではなく、
渋滞は始まってもいませんでした。

さっそく温泉へ!
…ここで問題発覚。水不足のため、シャワー出水制限中とのことorz
男湯の制限はさほどきつくなく、ストレスなく使えたようですが、
女湯は結局浴びられませんでした。洗面器にくんだお湯を遠慮がちにかぶるだけ。
硫黄が入っているのか、刺激の強い泉質だったので、
肌の鈍感力にはいささか自信のある私でしたが、さすがに肌がじんわり熱を持ち
かゆくなって困りました。臭いも気になったし。

でも、露天風呂から眺める紅葉の景色はとても綺麗で、不満を補うに十分足るものでした。

お昼は、山荘の入り口で売っていたキノコの炊き込みご飯とキノコ汁、郷土料理だという「どんが汁」。
この茸ご飯が絶品でした!。
甘すぎずしょっぱすぎずの上品で絶妙な味加減といい、細かく刻まれたマイタケの歯ごたえといい、上に散らされた菊の花と(ちゃんと皮を除いてある)枝豆の彩の美しさといい、料亭のお座敷で出されても納得するレベル。それが1パック400円。
大満足でした。

11時半ころ帰路につきましたが、登りの頂上付近はかなりの渋滞になりつつありました。
みんな「お昼を山荘で」と思うみたい。
これから行く方は、せめて30分予定を前倒しするとかなり違うと思います。

帰りは厳美渓と道の駅へ寄り道。道の駅で大きなマコモタケを発見。
今の時期しか食べられないものだから、迷わず購入。
20センチくらいのが4本入って200円。
グリルで焼いて、粗塩振って食べました。美味。
シンプルなこの食べ方が一番好き。


観光に行くのも復興支援。
地震の傷跡がいまだ深く残る栗駒には、また折を見つけてあしを運びたいと思ってます。
posted by leaves at 20:00| 宮城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

今日の夕飯の事

今日の夕食は鍋。
…のつもりが、家人の帰りが思いのほか遅く手持ち無沙汰だったので、もう一品作成することに。
冷蔵庫を見ると、雑煮の上に散らすのにつかった残りの芹があったので、片付ける事に決定。

ほぼ1把まるまる残っていたので、
→とりあえず嵩を減らすために炒める
→なんとなく、賞味期限間近のベーコンを足してみる
→香りが強そうだったので、卵も追加してみる

とまあ、成り行き任せで次々フライパンに投入していったら、美味なるオムレツが完成しました。

…和風鍋には合わないこと夥しかったけど。
せめて、出汁巻きにすべきだったかな。

苦手だったのに、このあたりではお雑煮にはセリが決まり事なので仕方なく買ったセリでしたが、これからは積極的に手が伸びそうです。
posted by leaves at 21:00| 宮城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

ついに

ドラクエ9、すれ違い通信をする人も減りつつありましたが、とうとう今日、0人を記録しました。満員電車だったにも関わらず。
配信クエストも週に1つだけになったし、その1つも、小一時間で終わってしまう。
その後は主人公のスキルポイントを貯めるために、ひたすらメタルキングを倒すだけの日々。
どうもマンネリ気味。てか飽きた。
慣れ親しんだ、でも気に入らない自動作成されたキャラクターに替えて、他のキャラを育てようかなぁ。
でも手っ取り早く経験値稼ぐには今と同じ作業が必要なわけで。うーん。実は、一番作り直したいのは主人公。
サンディに合わせて色黒にしたら、あらゆるコスプレ衣装が似合わないったら。
かといって、今から作り直すと、すれ違いの人数が稼げない上に今持ってるのと同じ選りすぐり地図は手に入らない。

主人公のことがなくても、もう一度最初からストーリーを楽しみたいけど、地図を諦めずにそうするためには、ソフトがもう一本必要。それもちょっと。そこまでは…。

ゲームに飽きた最近は、編み物に夢中。
棒針だと通勤時編めないので、鉤針オンリー。
マフラーも編みましたが、何も考えずひたすら細編みしたら、やたらチクチクしてしなやかさに欠ける一品になりました。大失敗。
結局マフラーは指編みのキットを作成しました。
その後は、ひたすらシュシュを編んでます。
極太針と極太毛糸の組み合わせだと、ひとつ30分程で出来るのも魅力。

たくさん編んで、どこかに寄付でもしようかと計画中。
posted by leaves at 18:11| 宮城 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

ドラクエ9

記事を更新しないと広告が上に来てしまうのですね。
いやらしいコメントも鬱陶しい。

ドラクエ9のすれ違い通信にハマっています。
私がいつものる電車はいかにも会社員ぽい人が多いのにも係わらず、降りる頃にはMAXの3人呼び込んだ状態で、リッカがあたふたします。

本来憂鬱極まりないはずの出勤が、楽しみになる日がくるなんて…!
色々な人とすれ違いたいがために、ちょっと早起きしちゃったりして。朝苦手なのに。


おかげで、巷で有名な「まさゆきの地図」も「川崎ロッカーの地図」も早々に入手できちゃいました。満員電車万歳っ

もっとも、私の主人公がまだまだ低レベルなため、挑戦できずにいるのですが。まあ、先の楽しみと言うことで。

主人公、女の子にして作りなおしたいと思っていたのですが、勿体無くてできなくなっちゃいました。

いい年齢をして、戸外にゲームを持ち出すことにかなり抵抗があったのですが、やってみたら案外平気でした。
深さのあるバッグを選んでいるので、傍目には定期券兼携帯を取るのに多少手間取っているようにしか見えないハズ。きっと。たぶん。

100人ごとに、拾えるアイテムの数が増えると聞いたので、楽しみです。
posted by leaves at 21:31| 宮城 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

八重桜

近所の八重桜が咲き揃い始めました。
ボンボリつけたようにポコポコポコポコ咲くところも、一重に遅れた分は花だけでは足りないとばかりに、葉まで一緒に出して精一杯装ってしまうところも、何とも可愛らしくて好きです。

一重の桜の時期は、花粉症真っ盛りで花見には相応の覚悟と準備が必要ですが、この頃になりますと少し症状も落ち着いて眺めるこちらの心持も大分違います。

週末は高速代千円の恩恵を享受すべく、山形の出羽屋へ行ってきました。一重の桜がまだ綺麗でした。
出羽屋は山菜料理のお店。お浸しや鍋、胡麻和え胡桃和えなど堪能しました。
本田宗一郎さんがヘリコプター乗りつけて食べに来たと言うのも納得の美味しさ。

出掛けに予約の電話を入れたら、個室を確保していてくれました。
もともと旅館なので、お部屋はいっぱいあるのです。ドライブにちょうど良い距離なので、いつも日帰りばかりですが、いつかは泊まってみたいなぁ。

出羽屋の近所にある玉貴のほうがお料理は凝っていて、お部屋も素敵なのですが、大寄せになりがちなのが難点。
小人数だし、出掛けにしか予約しないこちらに非がありますが。
posted by leaves at 10:00| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

柚子酒

昨日は、朝から行こうと張り切っていたジムは休み(定休日)、行こうと楽しみにしていた行きつけのバーは満員につきお断りされ、(八割方自分のせいで)散々な日でした。
空腹を抱えやさぐれて帰宅し、あり合わせのおからで作ったドリアもどきで適当に夕食。なかなか森茉莉のように、十分な手間はかけられません。空腹に負ける。

ふと流しの下をみると、先月くらいから見ない振りをしていた柚子酒の瓶が目に入り。
思いの外早く帰ることになったのは、いい加減実を引き上げろという、誰かの思し召しかと、腹をくくって作業開始。
少し繊維が出ていたので、コーヒーフィルターで漉しながら空き瓶に移しました。

とても鋭く鮮やかな黄色のお酒になりました。
香りも十分。ジンの香りが全て隠れてしまったほど。
億劫で、つい3ヶ月も漬けっぱなしにしたせいで少し苦味がでてしまいましたが、許容範囲内。

春先の冷え込みへの、またとない武器になってくれそうです。
最後の最後に、希望を手に入れました。
posted by leaves at 22:32| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

常磐ハワイアンズ

週末、常磐ハワイアンズへ行ってきました。
仙台からは車を使うのが普通ですが、今回はJRの旅行券を使ってしまいたかったので、電車を利用。
朝7時台の特急で湯本駅へ。季節が1ヶ月ほど早まったかのように、日差しうららかに暖かく、穏やかな風が吹き、大量の花粉が悲惨に飛散中。

降りたのは私たち夫婦含め3人。少なっ!みんな車なのかな。経営大丈夫かJR。
降車人数を反映してか、無料送迎バスも路線バスも、ちょうどよいのがない。ので、タクシーでgo。\1500弱で着きました。
行って驚いたのが、ロッカーが有料。今時珍しい。入って右側が\300、但し最後にボタンを押すまで何度でも開閉可能、ボタンを押すと\100戻る。プールサイドにあったのもこちら式。
左側は\100、但し一度閉めたら開けるのは1回だけ。
ロッカーとプールが離れているので、荷物を見ていてくれる同行者がいない人は動線計画たてたほうが吉。行き当たりばったりで動いた私たちは何度もロッカーへ往復する羽目になりました。
プールはお子様いっぱいで賑わってました。泳ぎを楽しむ雰囲気ではないです。
10時半過ぎに東京からの電車組が着いた頃からより込み始めました。
ウォータースライダー系を楽しみたいなら早めがよいかも。東京組が着いた後は20分待ちでした。
待っている間、階段をふと見上げたら、ビキニのお姉さんの刺激的ショットが目に飛び込んできて、赤面。
我が身を振り返り、パレオ付にして良かった(公害予防的な意味で)と思いました。
食事はバイキング。ハワイらしいのはパインだけというのは御愛嬌。ソムタム、美味だったw
食事後はショーをみるための席取り。
40分前に行きましたがベンチ席は既にあらかた埋まっていたので、早々に見切りをつけ舞台正面の階段に席を確保。決断を早くしたので、前過ぎず(立見の人で見えない)、後ろ過ぎず(梁が邪魔)の程よい席を取れました。
ショーはさすがに見事でした。
長いことタヒチがハワイにあると思っていたのはこのせいだったんだなぁと、唐突に納得。
お風呂、与一のほうはなんと洗い場がありません。「江戸情緒を楽しむため」とかなんとか書いてありましたが、湯女とか三助って江戸のものでは…ってことは、江戸時代も洗い場はあったのでは?謎。
ウォータースライダーで濡れた髪を洗うこともできず、微妙に異臭を放つ怪しい二人。気化熱で頭が冷たい。
スプリングパレスの方には洗い場あったみたいだけど、ハシゴする時間もなかったし気力はもっとなく。悔いの残った入浴でした。
リベンジする気はないけど。

感想は、「子供連れなら、楽しめるんだろーなー」。
自分の保護者同伴か、自分が保護者になって子供が遊ぶのを眺めるのなら、よいところです。が、夫婦2人で行くには、プールに浸かる度、ちょっと喉が乾く度、小腹がすく度、何度もロッカーへ往復して財布の出し入れが必要で、しかもうっかり\100ロッカーへ入れてしまった夫は何度もお金がかかったし、\100硬貨が足りなくなって両替のてままで掛かったり。
せっかくだから楽しもうと思い、頑張って楽しみましたが、旅行から帰ったいま、最も印象に残っているのは、煩雑さです。
鄙びた不便さを、情緒として楽しむには、限度があるんだと、知った旅でした。
posted by leaves at 18:21| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

『赤毛のアン』展いきそびれ

せっかく昨日ジムで動いて肩こり改善したのに、今日一日中根を詰めてPCに向かってたら、呆気なくバキバキに逆戻り
さらに、残業までしたので、『赤毛のアン』展に行けなかった
明日は最終日で早く終わるから、今日がラストチャンスだったのに。
他の会場で見られたという、ダイアナの合図が仙台でも見られるかどうかを確認したかった。
原書を持って、モンゴメリーの直筆原稿と見比べたかった。
未練ありまくり。
 
無念。
posted by leaves at 19:19| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

『仙臺文化』に歌舞伎座が。あと佐々重移転のこと。

『仙臺文化』は、仙台に関する未発表・未公開の資料が掲載されるので注目している雑誌です。
先日、久しぶりに本屋に行きましたら、7号で「仙台の芝居と映画」特集をしており、副題が「仙臺座・歌舞伎座・文化キネマ」となっていたので、飛びついて買いました。

残念ながら、目当ての歌舞伎座の写真はありませんでしたが、手持ちの塔文社レトロマップシリーズ2『昭和11年、18年、27年の仙台と現代の仙台』では漠然としか分からなかった歌舞伎座の地図がありました。
戦争でだいぶ道路も変わってしまったので確実ではありませんが、三越・藤崎の位置関係を頼りに推定するに、現在でいう国分町2丁目あたりかと。
森茉莉(当時は佐藤茉莉)の住んでいた本柳町からは、充分歩ける距離。

「歌舞伎・奇術・女浄瑠璃・女子ジャズ・映画など」幅広い演目が行われる場であったそうな。
参考文献も何冊か書いてあったので、そちらもあたってみようと思います。いずれ。

森茉莉といえば、彼女の好きな味噌、佐々重(笹重)のお店が2/20に移転しました。

私の生活圏からは遠くなってしまいましたが、19:30まで営業時間が延び、年中無休になったのがありがたい。
暖かくなったら、足を延ばしてみたいと思ってます。
というか、そのころには買いだめしたのが底をつくので、買いに行かねば。
posted by leaves at 22:24| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 森茉莉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。